基礎ライディングテクニック及びファーストエイド 講習

基礎ライディングテクニック及びファーストエイド 講習

イベント名 : 基礎ライディングテクニック及びファーストエイド講習
日時 : 8月29日(水)
場所 : 慶應義塾高校
参加者 : 慶應義塾高校自転車部
参加メンバー : 管 西川 矢野

仲間が、チームメートがもしも落車してしまったら、サイクリング中に落車している場に遭遇したら、、、。そんな時に安全かつ的確に対応するための自転車に特化したファーストエイド (応急処置)を管監督の基礎ライディングテクニックとともに慶應義塾高校自転車部の皆さんに学んでいただきました。
「落車を発見したらどのように通報すべきか、落車している人間に対してどう対応するべきか」を今回は高校生ということもあり、我々がただ一方的に伝え続けるだけではなく、ディスカッションも取り入れて、最終的には「公道での練習中にブラインドコーナーの先でチームメートが落車をしたら」を想定とした【発見から119番通報】までのシミュレーショントレーニングを実施しました。

矢野
最初は緊張気味だったみんなも最後のシミュレーショントレーニングの時には活発な意見が出るほどまでになり充実した時間を過ごす事が出来ました。
西川
講義中に熱心にメモを取る姿が印象的でした。この活動を広く実施していき、学生の安全意識の向上にこれからも励んでいきたいと思います。
自転車を長く続けるために、技術の向上は大切なテーマです
今回初めて部活動での講義を行いました。こうした機会を設けてくださった慶応義塾高校に感謝しております。