【レースレポート】第13回 JBCF富士山ヒルクライム

【レースレポート】第13回 JBCF富士山ヒルクライム

開催場所 富士あざみライン 11.4km
平均勾配10% 最大勾配22%

日程 6月25日

E1 出走44名 完走44名 20位 矢野

青森での全日本選手権ロードで樫木選手が力強い走りを見せた翌日、富士山を舞台とした富士山ヒルクライムに矢野が参戦した。

あざみラインを使用した最大勾配22%、平均勾配10%というコースとともに、朝から雨が降ったり止んだりの過酷なレースとなる。
序盤からハイペースの展開となり、先頭集団が10名程度に絞り込まれる中、スタート1kmほどで矢野も先頭集団からドロップしてしまう。
そこからは我慢の走りとなり、結果20位でゴールした。

矢野選手
先頭集団に食らいつき上位に入ることを目標としていましたが、序盤からのハイペースにより早々に脱落してしまいました。今後の強化課題として取り組んでいきたいと思います。

JBCFサイト:http://www.jbcf.or.jp/races/20170625_id=13215

使用機材:
●フレーム TAOKAS STRIKER PRO
●コンポ  アルテグラ/デュラエース
●ブラケットフード SHAKES ハード
●タイヤ   PANARACER RACE A EVO3 クリンチャー・チューブラー
●チューブ  PANARACER R-AIR
●ヘルメット GIRO SHYNTHE
●サングラス SMITH Pivlock Arena
●ジャージ  WAVE ONE レジェフィット
●靴下    LION サイクルレーシングソックス シャインイエロー
●補給食   Grain plus / グリコ CCD
●ケア    Snipe