スマートコーチング サイクルスクール

スマートコーチング  サイクルスクール

日程 2017年9月18日(月)
主催 SMART COACHING 協力 AVENTURA CYCLING
参加メンバー(キッズ、レースコーチ)辻本 (アシスタントコーチ、救護)矢野
参加人数:約30名

台風により天候が心配されましたが、風は強いながらも台風一過の晴天と30度を超える暑い中、向ケ丘自動車学校を貸し切ってのサイクルスクールが行われました。
午前中は複数のクラスに分かれ、それぞれに合ったレベルでのレッスンを実施。辻本はキッズクラスを担当、キッズの元気さに圧倒されつつも心を打ち解け合うさすがな面を見せていました。
矢野は比較的経験の浅い方々、レディースの混合クラスのアシスタントコーチと救護を担当、短い時間ながらも「受けて良かった」という声を受けて充実感でいっぱいでした。

午後はエンデューロ、2本のクリテリウム、デュアスロンを予定していましたが、2本目のクリテリウムで落車により負傷者が発生、残念ながら以後の内容は全て中止となりました。この際も救護担当の矢野は他の参加者と協力、救急隊が到着するまでの応急処置を迅速に対応し、到着した救急隊へ引き継ぎました。

参加された皆さん、暑い中でのレッスン大変お疲れ様でした。是非レッスンでの内容を普段のライドに活かしていただきたいと思います。また、落車により負傷された方々の一刻も早い回復をお祈り致します。

辻本
キッズクラスを担当しましたが、子どもたちのレベルの高さにビックリしました。レベルを見て、どのようにアプローチすればさらに上達してもらえるか講師側も常に勉強の気持ちです。落車は残念ですが、未然に防げるのも事実。当事者だけでなく、なぜ落車が起きたのか考え、それを防ぐための走りを次回から心掛けられるようにしたいですね。落車された方々の一刻も早い回復を祈っています。
矢野
経験の浅い方々がほとんどの方々へのレッスンとなりましたが、終わる頃にはレッスン当初とは見違えるほど上達している姿にアシスタントコーチをした身として嬉しい限りでした。是非これからのサイクリングに実践していただければと思います。午後のレース形式では残念ながら比較的重い落車が発生してしまいましたが、チーム発足当初よりファーストエイドについて「自分達に出来ること」を発信してきた中で、今回チームメイトの辻本選手を始め、他の参加者の方々が率先して応急処置の協力をしてくれたことに大変嬉しい気持ちとなりました。