レースレポート biwase cup2018

レースレポート biwase cup2018

山岳ステージでは中井選手と樫木で総合上位、平坦ステージでは吉川選手と上野選手で優勝を狙っていくことが今大会の目標でした。

〈第1ステージ〉

気候に慣れるため、日本チーム自らは攻撃せず、吉川選手のスプリントで優勝を狙いました。
ゴール前はトレインを組んで挑み、吉川選手は5位でゴールしました。

〈第2ステージ〉

始めの山岳ステージで後半に9kmの登りがあります。
逃げは出来ず、集団のまま登りへ突入。唐見選手が先頭でペースを上げて行きます。
唐見選手が1人抜け出し、追走は私を含む4人になりました。
約1分差で山頂を超え、30kmほどの平坦を全開で追いかけ、ラスト5kmで唐見選手を吸収。
最後はスプリントとなり、4位でゴールしました。

〈第3ステージ〉

前日同様、最後に7kmの登りが待ち構える山岳ステージ。
中盤から10数人の逃げが形成され、それに吉川選手が乗りました。
登りの前に総合上位陣を含む複数名がアタックし、逃げグループに追いつき、メイン集団にはリーダーと唐見選手と樫木が取り残されました。
登り口で先頭と約3分。
途中まで中井選手に集団を率いてもらい、後半は唐見選手がペースを上げていきましたが、逃げグループには届きませんでした。
このステージで総合を落とすことになりました。

〈第4ステージ〉

湖を周回する50kmの短いレース。
吉川選手のスプリントか上野選手の逃げで優勝を狙いました。
1回目のスプリントポイントで吉川選手と中井選手が落車してしまいましたが無事集団復帰。
上野選手の逃げは許されず、ゴールスプリントとなり、吉川選手が3位にはいりました。

〈第5ステージ〉

総合がほぼ確定する最後の山岳ステージ。
4つの山岳が設けられています。
1つ目の山岳を集団で超えてから、中井選手を含む5人の逃げが形成され、最後の山岳までこの逃げは続きました。
メイン集団は着実に人数を減らし、逃げを吸収して、先頭は15,6人にまで絞られました。
ここに日本は上野選手、中井選手、樫木が残っていて、とても有利な展開でした。
しかしアタックがかかり、総合1,2位が動かなかったため、動かず待機する方を選びました。
しかし、これが大きな痛手となり、1分以上の差をつけて逃げ切られてしまいました。
逃げグループのスプリントでは中井選手が4位となりました。

〈第6ステージ〉

2.8kmコースを周回するクリテリウム。
吉川選手が第4ステージの落車の影響でリタイアしたため、ステージ優勝は上野選手一本で狙います。
逃げが許されないままレースは進み、ラスト2周を切ったところから、上野さんを逃すべく、日本チームから攻撃を開始する。
最終周で上野選手の単独逃げが決まり、そのまま逃げ切りかと思われましたが、ラスト100mを切って集団に吸収され4位でゴールしました。

〈第7ステージ〉

日本チームは個人総合は深く考えず、ステージ優勝に重きを置いてレースを展開していくことにしました。
レーススタートからリーダーチームによりコントロールされていました。
日本チームは波状攻撃をかけ、ラスト約40kmのところで、中井選手、樫木を含む12名の逃げグループが形成されました。
集団と2分差つけてゴールし、総合上位に変動をもたらしたレースとなりました。

〈第8ステージ〉

昨日の結果で、総合5位以内が1分差という混戦となり、樫木までが1分30秒になりました。
総合ジャンプアップ、上野選手の逃げ切りを狙って日本チームで攻撃を続けましたが、リーダーチームによる完璧なコントロールにより、集団スプリントとなってしまいました。

〈第9ステージ〉

日本チームの攻撃からレースが動き始め、早い段階で上野選手を含む8人の逃げが決まりました。
タイム差はリーダーチームにより一定でコントロールされ、上野選手のステージ優勝を願うばかりでした。
メイン集団は特に動きなく進み、レースを終えました。
上野選手はステージ2位でゴールしました。

樫木
昨年はアシストとして奔走したので、サポートする側の辛さがよく分かっているはずでした。しかし、自分に自信が持てなかったせいで残せる結果も落とすことになってしまったことがとても残念です。皆んなのサポートを力に変えられず、申し訳ない気持ちで一杯です。アジア選手権で走れなかったイメージが残っており、消極的になってしまいました。もっと自信を持つべきだったと反省しています。最終的に総合6位でレースを終えました。来年、出来ればリベンジしたいと思っています。応援ありがとうございました。