樫木選手よりPanorama guizhou International women’s road raceのレースレポートが届きました。

樫木選手よりPanorama guizhou International women’s road raceのレースレポートが届きました。

Panorama guizhou International women’s road race

カテゴリー:UCI2-2
日程:5月6日〜10日
場所:中国貴州省

〈第1ステージ〉

135km

第1ステージはアップダウンはあるものの、道幅が広く、見通しもよく、逃げるのは難しいコースでした。
激しいアタック合戦になることなく、スプリントポイントと山岳ポイント争いで動きがあるのみ。
下りきってからコーナーがあるため、位置取りがとても重要です。
様子を見て足を使わないように、集団ゴールしました。

〈第2ステージ〉

135km

第1ステージと全く同じに変更。

中盤からアタック合戦が激しくなり、前で動きに合わせます。
しかし少人数の逃げには入るものの協調がとれず安定しません。
逃げは出来ないままレースは進み、この日も集団ゴールになりました。
少し動き過ぎましたが、調子はとても良さそうです。

〈第3ステージ〉

117km

平坦ステージ。
明日以降のステージに登りがあるので、今日は動きません。
スタートして走り出してすぐに激しく雨が降り出し、あちらこちらで落車が発生。
ナーバスになった集団は、リーダーチームによるコントロールで距離を消化し、集団ゴールになりました。

〈第4ステージ〉

110km

総合が入れ替わるほどの山岳だと思っていましたが、集団有利なコースでした。

ヨーロッパチームが単発でアタックをかけるがリーダーチームのコントロールで吸収されます。
前半にある山岳ポイントをgraceが狙うので、そのサポート。
登りは先頭でアタックがかかり続け、その加減速に前方で対応します。
長く伸びた集団はしばらくして1つになり、僅かに抜け出した逃げも吸収。
今日もまた集団ゴールとなりました。

〈第5ステージ〉

110km

昨日のステージの逆周り。
昨日とは打って変わって、スタートしてすぐにアタック合戦になりました。
私も5人以上の有力チームが入る逃げにはチェックにはいります。
中盤に10人弱の逃げにmikeylaが入り、山岳を1回目2回目ともにトップ通過します。
しかしその逃げも吸収され、結局全ステージ集団ゴールになり、中盤から逃げ続けたmikeylaが4位に入りました。

結果はついて来ませんでしたが、やれることはやりました。
調子が良かっただけに残念です。
今回はレース中にコミュニケーションを取ることにも心がけました。
お陰でチームとはだいぶ馴染んでいます。

樫木
中国が終わって、現在サンフランシスコへ滞在しています。5月17日からtour of californiaに出場します。ワールドツアーは初めてでとても緊張しております。良い報告ができるよう頑張ってきます。